ABOUT

大麻布をもう一度、
日本のスタンダードファブリックに。

古代より日本人の生活に欠かせない存在だった大麻布。
しかし、第二次世界大戦後に国内での栽培が制限されたことや、
大麻繊維が紡績に適さないとされたことから
工業化に乗り遅れ、今ではまったく一般に流通していません。
〈majotae〉は、そんな「日本人が忘れてしまった布」である大麻布を
現代に甦らせたファブリックブランドです。

自然布の研究家である吉田真一郎、
帯匠として日本の布の魅力を誰よりも知る山口源兵衛、
感動体験によって人のこころを動かすことを
ミッションとするエイベックス・グループ。
三者の力が結集したことで、
〈majotae〉はいまここに産声をあげました。

Taima-fu (hemp fabric) has been an integral part of
Japanese culture since the beginning of its history.
However, due to significant restriction on cannabis cultivation
after World War II, and apparent difficulties in spinning hemp
threads which delayed industrialization, it is a rare fabric today.

<majotae> is a fabric brand that brings this “forgotten fabric”
back to our modern life.

Natural fabric expert Shinichiro Yoshida,
obi artisan Genbei Yamaguchi who knows how to appreciate
Japanese natural fabrics more than anyone,
and entertainment business conglomerate Avex Group
with their mission to bring exciting experiences to the world
have come together to infuse life into <majotae>.

Taima-fu as an everyday fabric once again for the Japanese

majotae Concept Movie

majotaeの特徴

The Strong Points of majotae

01

乾くのが速く、清涼感がある

Quick to Dry and Cool to Touch

速乾性に優れていて綿より2割も速く乾き熱の伝導性も高いため、清涼感があります

Rapid-drying, some 20% faster than cotton, conducts heat well for coolness

02

保温性が高い

High Heat Retention

綿と比較して保温性が高いため、冬でも暖かく、一年を通して衣料に使用できる素材です

Retains heat better than cotton, warm even in winter,
Suitable for clothing material year-round

03

強靭なのに柔らかい

Tough and Yet Soft

綿やリネンに比べ、引っ張りに対する繊維が強靭な一方、
使用を重ねるうちに柔らかくなじむ特性を持っています

Fibers are tough against strain compared to cotton or linen,
yet grow softer and softer with repeated use