HISTORY

大麻の歴史

The History of Taima

今から遡ること約1万年前。日本列島には大麻が群生し、そこに住む人たちは大麻を生活の中で利用していました。それを示すのが、縄文時代草創期の集落が発見された福井県鳥浜貝塚です。この遺跡からは大麻の編み生地と縄、土器に付着した大麻の種が出土したため、当時から大麻が生活用品、食品として幅広く用いられていたことが推察されています。
また、大麻は「聖なる植物」でもありました。神道の祭祀では「おおぬさ」と称され、樹皮から採った皮を束ねて神様に捧げるのに多く用いられてきたほか、聖域を囲む結界のための麻紐や神殿に吊るしてある鈴の縄として、現在でも広く使用されています。

日常生活からさまざまな神道儀礼に至るまで、日本人のあらゆるシーンに欠かすことのできない素材だった大麻。その繊維を編んで作った大麻布も同様に、縄文の太古から近代に至るまで、他に類を見ない存在感を示していた唯一無二の衣料素材でした。

そんな状況を一変させたのが、第二次世界大戦後の1948年に連合軍最高司令部(GHQ)からの指令を受けて制定された大麻取締法です。この法律によって大麻の生産や流通は許可制となり、国内の生産量は激減。大麻布は自然と日本から姿を消していきました。

〈majotae〉では、幻覚物質を含まない大麻を使用することでこの問題を解決。さらに生産体制をゼロから構築することで、納得のいくものづくりができる体制を整えました。半世紀以上にわたり「忘れ去られた布」となっていた大麻布を、今一度現代に甦らせます。

Count back some ten thousand years from today. Hemp flourished in the Japanese archipelago, and the people living there used it in their daily lives. We see this in the shell mound at Torihama, Fukui, where a village from the early Jomon period was discovered. At this site, fabric and ropes braided from hemp as well as hemp seeds clinging to earthenware have been unearthed, allowing the surmise that hemp was already widely used in daily life and as a foodstuff.

Hemp was also a “sacred plant.” In Shinto ceremonies it has been called onusa and frequently used to bind together barks gathered from trees to be presented to the deities; it is still widely used in the present day for ropes marking the boundaries of sacred areas, and ropes for temple bells.

From daily life through various Shinto ceremonies, hemp was a material invaluable in every context of Japanese life. Taima-fu, made by braiding its fibers, was similarly a unique clothing material of unmatched presence from the ancient Jomon times through the prewar era.

What turned this situation around was the Cannabis Control Act laid down by orders from the Supreme Commander for the Allied Powers (GHQ) in 1948, after World War II. This law required permits for producing or distributing hemp, sharply reducing its domestic production volume. Taima-fu naturally disappeared from Japan.

With <majotae>, we have solved the problem by using hemp which does not contain hallucinogens. Further, by constructing the production system from square one with modern technology, we have created a system which allows for hemp fabric creation that surpasses our quality benchmark. <majotae> will once again bring back taima-fu, the “forgotten fabric” of half a century or more, in modern times.

大麻布歴史年表

The Chronology of Hemp in Japan

Jomon Period

Ancient

Middle Ages

Early Modern

Modern

Contemporary

BC8000年頃 福井県にある鳥浜貝塚の縄文時代草創期の地層から、大麻の種子や大麻の繊維を用いた縄、編み物が出土
280年頃 日本で「紵麻」(苧麻と大麻)を栽培(『魏志』倭人伝)
646年 大化の改新で「租庸調」の租税制度が施行されるようになり、安房国、上総国、下総国、相模国、武蔵国といった地域から麻が納入される
690年 持統天皇即位の大嘗祭において、大麻製の麁服(あらたえ)が調進される
713年 『出雲風土記』、『播磨風土記』、『常陸風土記』において、大麻栽培に関する記述
756年 746年に調布として納められた麻布が正倉院に納入される
806年頃 このころ成立した『万葉集』に麻に関する和歌30首が記載される
1260年 阿波の三木宗時が、亀山天皇の大嘗祭に際して大麻製の麁服を調進(『三木家古文書』)
1332年 阿波の高河原藤二郎大夫が、光厳天皇の大嘗祭に際して大麻製の麁服を調進(『御衣御殿人子細事』)
1466年 後土御門天皇を最後に、天皇の即位儀式である大嘗祭が中断
1549年 苧麻を用いた麻織や晒が行われているという記述(『多聞院日記』)
1611年 奈良産の苧麻製晒布(奈良晒)に対し、徳川幕府が「南都改」の朱印を授け、御用品に指定
1687年 東山天皇が大嘗祭を復活させ、忌部代行事官が麁服を調達
1754年 『日本山海名物図会』に、最も優れた麻織物は奈良晒であるとの記述
1805年 鹿沼が大麻の産地としての名声を高め、「鹿沼麻」として江戸や京都、大阪などで売れていることを、下野鹿沼の領主戸田越前守が記述
1872年 「太政官布告339号」により、武士の峠や貴族の束帯などの礼服が廃止された影響で大麻産業が打撃を受ける
1887年 国内初の民間紡織会社である下野麻紡織株式会社が設立され、栃木県の大麻産業が隆盛へ
1912年 大正天皇即位の大嘗祭が執行され、阿波忌部氏の後裔が大麻の調進を復活させる
1928年 昭和天皇即位の大嘗祭を執行され、大正天皇同様、阿波忌部氏の後裔が大麻製の麁服を調進
1948年 GHQの覚書に従って制定された「大麻取締規則」により、大麻栽培が許可制となる
1950年 GHQの財閥企業解体によって帝国製麻株式会社が分割され、麻繊維産業が縮小。化学繊維への素材転換が進む
1962年 「家庭用品品質表示法」が施行され、亜麻と苧麻が「麻」、大麻が「指定外繊維」と表示されるようになる
1989年 昭和天皇崩御、阿波忌部氏が麁服の調達を開始
1990年 今上天皇即位の大嘗祭が執行され、麁服が調進される
2014年 大麻布ブランド〈majotae〉の販売が開始される

Taima and Japanese Culture

  • 聖と俗を隔てる
    大麻の注連縄

    上)出雲大社神楽殿注連縄/下)一陽斎豊国作「秀ノ山雷五郎横綱土俵入之図」19世紀

    聖と俗を隔てる結界を表す注連縄。その歴史は古く、日本最古の歴史書『古事記』には、天照大神が天岩戸から出た後二度と天岩戸に入れないように岩戸を塞いだ縄「尻久米縄(しりくめなわ)」として登場する。相撲の横綱が腰に締める「横綱」も注連縄の一種で、18世紀末期の力士谷風が最初の横綱免許を授与された際、注連縄を腰に締めて本場所の土俵に登場したことが現代まで受け継がれている。今では稲藁で作られるのが一般的だが、本来は大麻繊維を用いるのが習わしであり、古くから続く神社では現在でも大麻製のものが用いられている。

    Hemp shimenawa, dividing the sacred from the profane

    Top: Izumo Grand Shrine Kagura Hall Shimenawa
    Bottom: Hidenoyama Raigoro Dohyo-iri no zu by Toyokuni Ichiyosai, 19th century

    The shimenawa, a sacred rice-straw rope, is the ward between the sacred and the profane. Its history is lengthy; it appears in Japan’s oldest history book, the Kojiki, as the shirikumenawa rope with which the rock door to the ama no iwato cave was blocked after the goddess Amaterasu Omikami emerged from the cave, that she might not again enter in. Sumo yokozuna wrestlers, the highest rank in the sport, take their name from the yokozuna they fasten at their waists; this is also a type of shimenawa, a custom passed down from the late 18th century, when the wrestler Tanikaze tied a shimenawa around his waist before entering the ring for competition upon receiving the rank of grand champion. It is now usually made of rice straw, but traditionally was woven from hemp fibers, and shrines continue to use hemp ropes as in ancient times.

  • 原始の信仰に息づく大麻

    左上)昭和天皇大嘗祭記念絵葉書「悠紀齋田 早苗乙女」
    左下)平成天皇大嘗祭「織初式」1990年/中)神宮大麻
    右上)野州大麻(やしゅうおおぬさ)・小麻(こぬさ)/右下)平成天皇大嘗祭「抜麻式」1989年

    日本の原始的な信仰の形を今に伝える神道には、さまざまな場面で大麻が用いられてきた。例えば天皇が即位の礼の後、最初に行う収穫祭(新嘗祭)である大嘗祭では、古代以来、阿波忌部氏によって栽培・収穫の上、織物として仕立てられた大麻製の麁服(あらたえ)が貢進されてきたほか、現代では紙垂が付けられていることが多い祓具の大麻(大幣・おおぬさ)や、伊勢神宮が頒布する神札である「神宮大麻」も本来は大麻製であった。これらのことからも、太古より日本において大麻がいかに神聖視されてきたかが分かる。

    Hemp: Breathing Life into Primitive Beliefs

    Top left: Commemorative postcard from the Showa Tenno Daijosai “Yukisaiden Sanae Otome” /
    Bottom left: Heisei Tenno Daijosai “Weaving Ceremony” 1990 / Middle: Jingu Taima /
    Top right: Yashu Onusa/Konusa / Bottom right: Heisei Tenno Daijosai “Hemp Harvesting Ceremony” 1989

    Hemp is used in various contexts in Shinto religious practice, which transmits Japan’s primitive beliefs to the modern day. For example, when an Emperor ascends to the throne, he celebrates the Daijosai or first harvest festival (Niinamesai) by presenting to the gods an arata-e woven from hemp which has been cultivated and harvested by the Awa Inbe clan; the sacred implement onusa, now often decorated with shide paper, and the Jingu Taima amulets distributed by the Ise Jingu shrine were originally made of hemp. It thus becomes clear how sacred hemp has been considered in Japan since ancient times.

  • 庶民が着ていた柔らかい布

    緑栄斎真作『絵師草紙(模本)』製作年不明

    木綿が日本で一般に普及するようになる江戸時代以前、身近な衣料素材といえば麻(大麻・苧麻)だった。特に大麻は晒すほど白く、柔らかくなる性質から、庶民から貴族に至るまで幅広い層に着用されていた。困窮の宮廷絵師が朝恩により領地を下賜されるという宣旨を受け、大喜びして踊り騒ぐ様子を描いた絵巻物『絵師草紙』には、絵師の踊りに合わせてゆるやかに躍動する白い衣服が描かれている。その柔らかさはまるで絹か木綿のようだが、絵師が裕福でなかったことを踏まえると、この布も大麻製であったと考えられる。

    Soft Cloth Once Worn by The Common People

    Eshi no soshi (manuscript copy) production, by Saishin Rokuei, Date unknown

    Until the Edo period, when cotton first became widely used in Japan, the clothing fabric most people were familiar with was asa (hemp or ramie). Hemp in particular, whiter and softer the longer it was bleached, was worn by everyone from the common people to the nobility. The illustrated scroll Eshi no soshi depicts a poor court painter who is given land by the Imperial Court and dances with glee, including the leisurely fluttering of his white garb as he dances. Its softness suggests silk or cotton, but given that the painter was not well off, we can imagine that this was hemp fabric as well.

  • 柔らかさで知られた高宮布

    秋里籬島著 西村中和画『木曾路名所図会 巻之一 近江野洲布晒』1805年

    江戸時代、上質な染帷子の中でも100%大麻で作られたものの多くは近江産だった。「高宮布」と呼ばれたこの布は、江戸時代の商品学書である『萬金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』(三宅也来著 / 1732年)で「柔らかい晒布としてこれに勝るものはない」と紹介されており、当時よりその柔らかさで全国に知られていたことが分かる。高宮布が柔らかかったのは、布を晒す過程で布を臼(うす)に入れてつくなどの方法を用いていたためであり、その様子は京都から江戸に至る中山道の名所を紹介した『木曾路名所図会』内「野洲布晒」の項から伺うことができる。

    Takamiya Fabric, Known for Its Softness

    Kizoji meisho zue Vol. 1 Omi Yasu Nunosarashi by Rito Akizato, illustrated by Chuwa Nishimura 1805

    In the Edo period, many of the best-quality some-katabira (simple one-layer kimono) were 100% hemp fabric made in the Omi region (currently called the Shiga Prefecture). Called Takamiya-fu, this fabric is introduced in the Bankin sugiwai bukuro (by Yarai Miyake, 1732), an industrial guide of the Edo period, as “the best of the soft bleached fabrics,” indicating that it was known nationwide for its softness. Takamiya fabric gained its softness through pounding in a mortar and other steps during the bleaching process, as shown in the “Yasu Nunozarashi” chapter of the Kizoji meisho zue, which introduces famous spots along the Nakasendo highway from Kyoto to Edo.

  • 歌に詠まれた麻の衣

    『元永本古今和歌集 巻十九』12世紀

    時代を問わず、その時々の人々が見ていた風景を投影する歌。日本最古の和歌集である『万葉集』(8世紀成立)や、初の勅撰和歌集である『古今和歌集』(10世紀成立)には、麻について詠まれた歌が多数収録されている。『古今和歌集』巻十九収録の1068番歌もそのひとつ。「世をいとひ 木のもとごとに 立ち寄りて うつぶし染めの 麻の衣なり」(題しらず・読人知らず)とあり、男女の仲を厭わしいと感じる思いを、自分のうつ伏すさまと薄墨色のうつぶし染めにした麻の衣に込めて詠んだ歌とされる。

    Asa Garb in Poetry

    Kokin Wakashu Gen’ei manuscript, Vol. 19, 12th century

    In every era, poems have reflected the scenery people admired at the time. The Man’yoshu, Japan’s oldest collection of waka poems (compiled in the 8th century) and the Kokin Wakashu, Japan’s first poetry collection to be edited on the orders of the Emperor and former Emperor of the time (compiled in the 10th century), contain numerous poems mentioning asa fabric. Poem 1068 in the 19th volume of the Kokin Wakashu is one of these. It reads yo wo itoi ko no motogoto ni tachiyorite utsubushizome no asa no kinu nari (title and author unknown), describing weariness with romantic relationships and punning on the author’s position, lying prone, and the pale grey dye of their asa clothing.