未来の伝統をつくる布「麻世妙-majotae」

Clothing Series

一般的に麻製品は、硬くてザラザラするというイメージが強く、長い時間をかけて使い込むことで、ようやく柔らかさが生まれてきます。ヘンプの古代布の肌触りを再現したmajotaeは、紡績や生地の加工を工夫することで、はじめて着用する時から、麻とは思えない、驚きの肌触りを体感でき、使い続けるほど、より柔らかく、しなやかに、風合いが変化し、身体に馴染んでいきます。
コットンと比較して、水分の発散が早く、保温性が高いため 夏は涼しく冬は暖かく、一年を通して着用できます。

大麻布を、日本が世界に誇れるファブリックへ